スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ふぇきができるまでらすと。

なんだか帰ってきたらPCの調子がおかしくて、日本語を変換できない状態になっていてなかなかアップができませんでした。

IME2007の不都合だったみたいで修復版?みたいなのをダウンロードしたら無事にできるようになった。
一文字変換するごとにプロパティで修復していたような状態だったので;一安心。

あとデザインのイベントの様子ちょっとだけZIPで紹介されてましたホログラフィック間近でみたら感動しそう・・・氷結とは違う映像だったし。

にしても台湾ライブではミーツがあったのだな?
海外だからってファンとの集いとかうらやましすぎる!!!
なんにせよ無事に大成功で満足です。
TVブロスでのキャンペーンの様子もおもしろかったです。
のっちのあ~ちゃん愛が相変わらずすごい(笑)

さて一応今回で連載ラストです!

テーマは「始まってからの覚えていること」の羅列。
(我ながらざっくりしてる)

1.心の声。
あ~ちゃんは始まる前に
「心の中でジャンプって叫んでるから!」
的なことを言ってくれました。
その声は伝わってみんな最高潮にジャンプしました。
うん、ちゃんとあおられたよ!気持ちに。

2.ブラックライトか!
「白い服の人は最前列にいないでください」
の理由は始まって(正しくは合間に人に言われて、二度目が終わって気付いた)からわかりました。
映像だとあんまりわからないですが、あの白とバーミリオンの衣装のバーミリオン部分が実はドーム公演いらい多様されている蛍光の衣装になっていたんです。
だからあのステージのかぎづめみたいになっている部分のライトがLED以外の部分がブラックライトになっていたんですよ。蛍光発色するように。
だから白い服の人は自分も光っちゃうんですよね。
それでどうも白は最前列にあまりいてほしくなかったらしい。
ただ仕上がりをみるとあんまり光っている印象はないかも?

3.カメラね。
ちなみに60カメの話はしましたけど、あれいちいち始まる前終わる前にスタッフさんが電源をオンオフしてました。
「60カメスタンバイ用意、スイッチオン!」
みたいな掛け声があって。
確か関さんがちょっとかっこよさげに言います。
いちいちオンオフするところをみると動画ではないのかな?
というような印象を受けました。

4.キラキラだね。
「黒いボックスのとこにいる人はもう少し下がって」
これは前も書いた気がします。理由はもちろん特効としてキラキラとリボンが吹き出るから危ないってことですよね。
わー!っていう驚きをとるために内容は言わないで注意だったんだろうけど、ぶっちゃけリハの時のキラキラ落ちてきてるから知ってます。という感じ。
でも撮影は2度なので一度目のあとあれだけ吹き出たキラキラをお掃除するのが大変でした。
ほうきやモップじゃどうにもならないんですよね・・・。はりついちゃって。
だから前列の人は手で取ってお手伝いです。
あとセットの上に長いのがひっかかるととれない。
一応お掃除した後も合間の説明中にも落ちてくるし。
実際撮影本番でもおちてきました;
この手のお掃除で必要なのは送風機(落ち葉を掃除する外用の掃除機材です)だと思ったよ。

5.その後のキラキラ
一回目の時にキラキラを拾って手に巻いてその後踊っていた人は
「手から外して返却」
を求められます。
2回目の最初から持っていたらつなげなくなっちゃうものね;
でも別に没収というよりは手に持っていたらだめだからね、ということなのでもらっている人も中には。
最終的に2回目の後は持って帰ってよかったみたいなんですが、最初にはけるように促された人たちはさっさとステージを離れなければならず、後でもらっている人がいて驚愕!
みたいな感じでした。
でもまあ前列だったしなあ・・・・と。

6.去っていく。
こちらとしてはラストは結構あっさり帰っていった印象でした。
終わってからは「今日は本当にありがとう。」というようなことを3人でお礼を述べる感じでした。
「本当のライブみたいに盛り上がっちゃった」みたいなことを言ったり。
ゆかちゃんだったかな?シャリ方がかわいくて、もう何しゃべってもかわいい。一応マイクだったけどマイクじゃない声も聞こえるレベルにいたので本当にかしゆかの声はずっと聞いていたらそのうち昇天しそうな気がします・・・・。
ここではそれほどMC的なものは特に長くなかったです。始まる前が一番長かったかな?
合間のMCの様子は少しDVDにも合間の様子とか写ってますが、髪があついゆかちゃんが髪をあげてファンがオー!ってなったりするんですけど、1幕目と2幕目の間もずっといたわけじゃなくて実は一度3人ははけてしまうんです。ステージそばでスタンバイしてずっといてくれたわけではなかったです。
でもヘアメイクとかどう考えても目の前でやるのはおかしいですからね。仕方ないんですけど。
で終わったら私たちエキストラも余韻なしでさっさと帰る!
みたいな感じだったので借りている時間的にちょっと押してたのかもしれないですね。
最初が盛り上がりすぎたし、入室が時間かかりましたからねー。
ステージから降りるだけじゃなくてバックに引っ込みます。

7.続その後のキラキラ。ファン心理というものなのか一緒にいた北海道の女の子が
「向こう側の方のはりついてるキラキラを後でもらえないかなー」
って一回目の後言っていて
「なんで?」って聞くと
「あっちゆかちゃん側だったから、ゆかちゃんが踏んでるやつほしいv」
「なりほど!」
って思っていたら。
そのあとでキラキラをスタッフさんにもらっていた人たちはスタッフさんが気を利かせて長いのをあげると
「いや、ステージにはりついている小さいのください」
「え?なんで?」
「だって踏んでるかもしれないから」
「なるほど!」
みたいなやり取りをしていて、ファン心理ってかぶるんだなと思いました。

ちなみにさっき「ずるい」的なことをぐだぐだ言ってましたが、私はステージ下に落ちていた我々ファンがが踏みつけた、キラキラを一回目の後ポケットに入れていたので持ち帰れました。

8.覚えているファンとの会話。
最初に外で待っているときに(私がついて行ったため)知り合った女のひとが、中でも私を覚えていてくれて、「あ、入り口であった人!」みたいに話しかけてくれたんですよ。
その際見知らぬ女の子を紹介されて
「この子なんとあやのちゃんって言うんです!」って紹介され。
一瞬「?!」って思った私の返しは
「私は本名●●です!ちゃあぽんと同じ名前!」と返しました。
テンションが上がったファン同士の今思うと不可解な会話。
少しでも接点があるとテンションあがっちゃうっていうね。
その後外に出てからもその方とちょうどお会いして、
行きがけ実は道が不安でついて行きましたたとストーカー行為を白状したとこ、彼女が一緒にいた人に「このこ●●ちゃん」ってやっぱり紹介されました。
一瞬一緒にいた方が「?!」ってなってました。
やっぱりファン同士の謎のテンション。
あとピュレグミとネックスを栄養補給に持っている人がいてなんだかファンっていいなって思いました。

9.結局。
全員に近く初めて会う人同士のはずなのに親近感が半端なく、結局その入り口からずっと一緒だった北海道の子とまあまあ近くにいた人たち6人くらいで外でずっと立ち話、歩き話をして、最終的にお茶をしに行き、夕方というか夜前くらいまで喋り倒して、(私はシャワーをあびたくて仕方がなかったので帰りましたが)その後他の4人くらいは夜まで一緒に観光等をしにいったという・・・。
偶然にも広島、熊本、北海道、長野と遠いところの子ばかりで宿をとっているので時間があるっていうね。中に関東の子あんまりいないのか?と逆に思いますよね。
話が止まらない止まらない。
いくらでも盛り上がれます。初対面で接点ほぼないのにですねー。
ちなみに私緊張と興奮のしすぎて前日当日まったく眠っていなかったので、ホテルに着いたらソッコーでお風呂入って8時前には寝てました。

そんな感じで結局自分記憶みたいなものになってしまいましたが、撮影風景としてはあんな感じですと、DVD見ていただけたらいいと思います。
結局撮影風景自体は全然触れてないっていうね・・・・。
でも思い出しながら書いていたらとっても楽しい気分になりました。

スポンサーサイト

2012.10.31 | | コメント(3) | トラックバック(0) | fakeitができるまで。

ふぇきができるまで6。

ちなみにライブビューイングは地元一本のみの申し込みにしました。
あえて友達分はとらずでぱふゅ友を作るためにがんがん話しかけようと思います。

あとMJ。
ん?海外キャンペーン中の収録だったの?
東京事変のときは(おそらくお互い)ツアー中で、なんでこんなトークコーナーで共演してほしい人だと人は収録がないんだろう?
え?もしかしてきゃりー側から共演NGなの?
と、登場のたびに共演がないと、うがってしまうレベルですよ。
なんかMJの制作陣はPerfumeのことアイドルのおもり役と思ってるの?

やはりMJ感想をかこうと思うと文句になっちゃうもうやめよう・・・。

さて、今回の連載6は「ついに登場!」です。

1.きたー!!!
Perfume登場です。
登場としては普通に扉から入ってきました。
スタッフさんにつれられステージにあがります。
ただ既にかいだんを置く位置も人がいるので一度よけて設置。
この様子はDVDにもメイキングとしちらっと映ってますが、すごい熱狂で本当に30cmも離れていないところにいるのに触ってやろう!みたいな人がほぼいないっていうのがいいなと思いました。

2.ステージ上がります!
「近さ」の章でも語りましたがステージに上がってからはしばらくファンサービスの時間です。
みんなステージきわきわの周囲まできて手をふってくれたり、呼びかけにこたえてくれたりしてくれます
ちかくに来たメンバーの名前を力の限り叫びます。
先ほどの疲れがふっとびます。
結構3人とも会話を楽しんだりしてました。

3.MC
ファンサービスが終わったらあいさつやお礼などを中央にいって話始めます。
(1)開催のあいさつとお礼。
DVDでもうつっていましたが、
a:「今回のアルバムを出すことになってfakeitのビデオクリップを作ることになったけど、これはライブで作り上げていった曲だから、ライブ以外のイメージが浮かばなくて。
それで大人の人に頼んでこういうかたちにするために色々動いてくれて・・・・。」
あ~ちゃんのニュアンスは「結構お金が動いたので無理行っちゃって申し訳なかった」みたいな感じでした。
a:「でもこうしてちゃんと開催できて、400人も集まってくれて、みんながきてくれてうれしい。ありがとう。」みたいな感じでした。
(2)応募に驚いたよ。
a:「なんかあ~ちゃんは、募集はなんか東京とか横浜の人とか近所の人が応募してくるのかなって思ってて、でもなんか、めっちゃ遠くの人も応募がきたって聞いて・・・。」
ちょうど北海道の子が隣にいて私が九州なもので、
私:「うん、この子北海道だよ!」
Perfume+一同:「北海道?」
私:「私は熊本!」
みたいなちょっとだけ会話できました!(やや一方的でもめちゃくちゃ感動!!!!)
(3)カメラのはなし。
バレットタイムの特殊効果の話自体は出なかったのですがカメラはあ~ちゃんも気にしてるらしく、
a:「カメラね、60カメあるらしいよ!あ~ちゃんも数えてみよう!って思ったんやけど、なんかあきらめた」
と笑ってました。
一緒にいた北海道の子はあいてる時間に「あ~ちゃんのかわりに数える!」と意気込んでました。
うちも数えようとしてみましたが20個行く前くらいにどこから数え始めたかわからなくなってしまうのでやめました;
a:「なんかあれ、1000万?とか用意するのにかかったらしいよー。」
(私の記憶でも1000万だったかは定かではないですが驚くレベルの高額だったことは確かです)
(4)アルバムの話。
3人:「もうみんな予約してくれた?」
一同:「したよー!」
Perfume:「そうなん?みんな、ありがとー!」
a:「でもね、聞いて、あ~ちゃん発売が決まってCDショップいってちょっと様子見に行ったんだけど、そのお店初回版がね、もう売り切れって書いてあったの。まだ発売してないのにだよ?」
他メン:「えー!?」
あ:「そうなんよ、それで、これどういうことかなって思って、でも本人が聞いたってばれたら嫌だから、言葉とかイントネーションで気付かれるって思って『あの~↑これぇ~どういうことですかぁ~↑』みたいに声変えて店員さんに質問したんよー」(よくやるキャバ嬢やギャルのモノマネ似た声で)
一同:「(笑)」
a:「そしたら、『はい、完売です。書いてある通りです』ってめっちゃ業務的に(冷たく)返されて。」(店員さんのもモノマネです)
一同:「(笑)」
a:「だから完売しているお店があるんよ、嬉しいねー」
一同:拍手

そんな感じでのどかな相変わらずのMCでした。
あ~ちゃんがメインでしゃべって、のっちが無意識にまぜっかえして、かしゆかがフォローや補足をするという感じでした。
みんなでにっこにっこなMCでした。

では本番一本目です。

つかもう10月後半ですがまだ続きます。

2012.10.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | fakeitができるまで。

ふぇきができるまで5。

MJオマケ感がはんぱなく曲フリの枠すらとってくれないんだー・・・。
ということへの驚きとかいろいろが、否定的な言葉をいいたくないと思っている私でも否めません。
・・・・みなさんはどういう心境で試聴なされているのでしょう?

ともあれふぇき連載5です。
10月も一週目すぎたというのにまだ終わる気配を見せない連載です(笑)
いや流石に10月には終わります。
折り返しには確実にきているので・・・。

ではこんかいの「ふぇきができるまで」は「内容説明」です。

撮影の位置
同じ御兄さんが司会をつとめているのですが、撮影に関しての説明にとうとう入ります。
立ち位置等。
御兄さん:「全体的に少しだけ下がってください。前にならえ、でステージに手がつかないくらい。
  あと目の前に黒いボックスがある人はギリギリにいると危険なので一歩離れてください。」
私たち:「危険・・・・?」
御兄さん:「あ、何かが出ます!」
私たち:「何か?特効とかってこと?」
御兄さん:「・・・何か出るんです!」
みたいな会話を繰り広げました。
はっきり言って御兄さんいじりみたいなことして遊んでいたといっていいです(笑)

多分本当の驚きを撮りたいから注意はしたいけど内容は言えないってことなんでしょう。
ただ、われわれは何が出るかすぐに検討がついてしまいました。
だってその残骸がライトセットにひっかかったりしているから。
その話はまた後でします。

2.関さん!
関さんがステージに上がります。
もちろんPTAですから関さんは見慣れてます。
みんなテンション上がりまくりです。
帽子をかぶってて、カジュアル目で「なんかいつもより若くてかっこよく見えるね」と大変失礼なことを一緒にいた子と話してました(笑)
「せきさーん!!!」みたいに名前読んだり拍手したり、黄色めな歓声が出たりアイドルみたいです(笑)
関さんはこういう感じで撮影を進める予定だということを説明します。
基本的には撮るのは二回。一回曲のみでの通しをして簡単な動きな指導をします。
というような流れのお話とカメラとライトにのっかたり触ったりしないようにね、みたいな諸注意です。

3.動きの説明
一回関さんはステージから下がって実際に曲を流してダンスというか煽る感じをやりますという説明をします。
御兄さんは「みなさん普段のフェイクイットの感じでのってくださったら大丈夫だと思います。
なんかビジュアル系のライブにきた感じにはならないようにね」
と言う感じのことを。
私はやや意味不明で「?」となってしまいました。

4.リハ
まず曲を流してとりあえずやってみるよ。
な感じで関さんからご報告がありみんなちゃんとスタートな音とかもやって曲がながれます。
みんな本人不在で曲だけなのに最高潮↑な感じで一回踊り狂います。
本当に丸丸一曲やって、結構みんな本気で飛んだり跳ねたりしてお疲れ気味。
私も汗が。
こりゃ終わるころには顔がドロドロでしょう・・・・。

5.先生!!!
MIKIKO先生です!
私結構背があるので割と早めにスタッフの群れから発見して
「あ、mikiko先生いる!」
と叫んでしまいました。
もちろんMIKIKO先生もPerfumeファンは周知。
盛り上がりも大きいです。
「せんせい!!!」とやはり黄色い声援まで飛び交います。
(時系列が定かではないですがあいさつはもしかしたらリハ前に一回されてるかも)
その後簡単に自己紹介をされて、
「んー大体そんな感じでいいけど、Aメロあたりでみんなで手を合わせて上げ下げするんじゃなくて、こう音やリズムにのってますっていう感じで体を自由に動かしてくれた方がいいな。
サビとかイントロはいいです。
とにかくみんなでフリをやってます!
というよりはライブ感をより出す方向にしたいからそろえなくていいのでそんな感じでやってみてください。」
と体を少し動かしながらの説明です。
とどうもAメロで手をそろえて上げ下げするのが御兄さんいわくの「ビジュアル系」みたいなノリらしい。
「つまりクラブで音に乗る感じ?」
とそばの人と動作確認をしあいます。

6.実は見ていたPerfume
私たちが集まっている様子を実はこっそりドアを開けてのぞいてたらしいです。
ステージに集中し過ぎて全然気付かなかった!!!

7.動きの説明それだけでした
ライブ感を求めていてフリっぽくなるのを嫌がっているのはわかるんですが、本当に動きに対する注文や説明はなかったです。
Perfumeファンを信頼してくれてるってことなのかな?
プロから見てそうなら音楽かけるだけでライブだ!って言う感じで盛り上がることができるPTAはある意味説明いらずのクオリティ(笑)なんですね。
自分たちがチームPerfumeになれたような気がする瞬間でした。

さあさあついにやってくるぞ!!!!
相変わらず長くなったので次回!

2012.10.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | fakeitができるまで。

ふぇきができるまで4。

VOGUEよかったです。
衣装やメイクに好みはあるとは思うんですけど、あれだけのハイブランドの服を企画とはいえきて撮影しているというのに感動しました。
それにしてもソロ写真のゆかちゃんの女王っぷりがぱない件。
インタビューがね下手なアイドル系音楽雑誌より踏み込んで聞いている点がわりとよくて、読みごたえもあったと思います。さほど高い雑誌でもないのでまだ未購入のひとはお勧め。
むしろPSやノンノより男性は買いやすいと思いますよ。

そして結局10月になってしまいましたがふぇき撮影連載です。

今回のテーマは「事前準備」。

撮影前にあったことをお伝えします。

1.中に入る
まず当選時に配布された番号順に並びます。
そして並び順に入ります。
受付で番号を言ってお茶をもらって貴重品をロッカーに(初対面の人にお金を借りて)預けていざ入ります。
中はとりあえずライブハウスの2階席にあたる部分に着席です。
ファンクラブとぅあーの関東会場でしたが、結構狭め。
中はもうセットが組まれていて、カメラレールに囲まれたステージ、ライト、そしてカメラもスタンバイです。
ちゃんと着席をするようにされたので、実はこういう感じで上からみるような形になってファンがイエーってやっているのは別撮りなのでは?と不安になってしまいました。

2.簡単な事前説明
割とイケメンなスタッフさんによる前説的な説明が。
基本的にしばらく待つように言われます。
ただノリがただでさえいい上に全員テンションが高いので・・・・。
その御兄さんがあいさつしたり、ちょっとしゃべるたびにイチイチ
「ふぅ~↑」と盛り上がります。
話し終わると拍手と歓声につつまれます。
御兄さんも最初は「Perfumeファンってテンションたけえなぁ」と言う感じで戸惑っていたのですが、話すたびにこのテンションなので最後の方は楽しくなっちゃって
チャンチャチャチャチャッ
って拍手を遊ぶタモさんの例のあれとかをして楽しんでいました。
基本的には詳しい説明ではなく静かに待つように、トイレなどを済ませるように、カメラや携帯、録画機材は持ち込み禁止、今日あったことは誰にも言わないように、ブログやツイッターでもつぶやいたりしないように、などの注意等を受けます。
そして何をやるのかをついに。

3.ふぇきですよ
fakeitを撮るよ、という話が出ます。
もちろんPTAの盛り上がりはハンパなく。
ふうぅ~-↑」と拍手の嵐。
でもわりと半数くらいはなんとなくフェキだと気づいていた感じで
「うそー!まじで?」
というより
「やっぱりそうきたか!よ、待ってました!」
という感じ。
アルバムの収録曲をみれば一目瞭然だものね。
これで特典でPV、しかもライブ映像ったらそれしかないものね。
でもここでも特に細かい説明はありません。

4.下に降りてください
ついにですよ!
これも順番通りでした。
以前ちらっと書いたと思うのですが、私番だったんです。
でも単に番号って受付のときの優先順位だと思っていて、そんなに気にしてなかったんですよ。
でもリアルに順番通りにステージ側に降りてください
だったんです。
つまり2番目に好きなとこ並んでよかったの!!!!!
しかも記憶する限り1番の人来なかったんです。
つまり私好きな位置選べる一番だったの!!!!
もちろん一番前に並べます。
一応20人くらいずつ、ステージを囲むよに一列に並んで行ってください、っていう感じだったんですが、それでも一番最初に最前列に並ぶ権利を獲得していたということにこの瞬間まで気付かなかった。

5.ステージでの事前説明
同じ御兄さんが並び順等の説明を行います。
で、やっぱりイチイチ盛り上がります。
全員が並び終わると人によってはショックな一言が。
「申し訳ないですが、白い衣装の方は最前列に並ばないようにしてください。」
会場どよめき。
初めて御兄さんの一言に悪い方のどよめきです。
だったら黒着てこい!って言えよ。」
とこっそり悪態をつく人もちらほら。
でもそりゃそうだ、だってせっかく早めの番号ゲットで最前列!
と、ときめいたところでつらい言葉だと思う。
ただ中にはそういうこともあろうかと黒と白を重ね着してきて、言われて着脱ぎしたという方もいました。
すごい準備万端ー・・・・。
ちなみに私はトップスは黒。もうまんたいです。
その空気に
「安心してください、最後尾でもちゃんと映りますから!」
とフォローも入りました。
ただ、その後すぐ救済処置な一言。
「それと、若い女性で、私かわいいっていう方は前の方にどうぞ。いませんか?我こそは私かわいいです!って言う方。」
ジョークっぽく言ってはいましたけど、逆に私黒服で順番若いので前の方から動かなかったので、
「んなこと言われたらいずらいわい!」
って正直思いました;
若くてかわいいなら前でいいんだ、とちょっと恥ずかしそうに、でもチャンスと一歩さっきなくなく下がった女性陣が前に来ます。また友人や近くにいた男性がそっと前に促してくれます。
実際映像を見ても「最前列女子率高くね?」と思った方がいたかもしれないですが、そういうことです。
まあ女性の方が背が低いですから前の方に来たほうがいいよっていうのはあるとおもいますけど、映像としてやっぱり男が「ウヲォー!!!」ってなっているよりは若い女性が「ワーキャー」言っている方が見栄えがいいなということなのかな?
噂であった「どうも20代女性が当選率が高いようだ」っていうのはリアルなのかもしれないですね。
今のPerfumeイメージ戦略にあってますからね。

そんな感じで無彩色の約400人がステージを囲む形になってスタンバイ。
最近会場が大きいのに慣れていたし、とぅあーでもステージ以外の部分は客ぎっしりという状態だったので、400人の少なさにびっくりです。

それにしてもどう考えてもこの触れるステージの上にPerfumeがくるという事実。
嬉しいより現実感がない方が勝ちます。

長くなったのでまた今度・・・・。

2012.10.03 | | コメント(2) | トラックバック(0) | fakeitができるまで。

ふぇきができるまで3

帰ってきましたー。

関東方面への旅だったので、空き時間に頑張って聖地巡りしてきましたv

しかし・・・この調子で連載をすると確実に10月またぎますね・・・・。

というわけでふぇきができるまでです

今回は距離について。

はっきり言ってみた感想。という感じだと思っていただければ。

近さ。

はっきり言って手が届く距離でした。
ライブ映像では基本的にステージ中心で踊っており、フォーメンション変更やあおりのときでもステージギリギリには来ません。

ただ現実には最初から入ってくるときからしてファンのすきまをよけて入ってくるわけですし、ステージ上でもMC的な時間帯はあるわけでそのときはステージをグルーっと一周して手を振ったりしてくれます。

高さに差がありますが、本当に手を伸ばさなくとも届く距離にいました。
足首確実につかめちゃいます!!!!

あまりの近さのために普段見れない見えないものもしっかり見えます。

①まつ毛って下からその長さがわかるんだ
まつ毛が下から長さがわかるくらい長い!
見てわかるんですよ?!
特にのっちすごかった!!!!

②のっちのおにぎりの折り目が正しい
最近踊ってもとれないほどくっきりうちまきに巻いていることが多いのっちさんですが、今回はアイロンやコテを本当にしっかり当てていたらしく折り目ができてました。
ちょっとかくって角があるくらいなんです(笑)

③あ~ちゃんにくつずれがっ!
今回も靴はレッドソール。
ルブタン様のピンヒールだったのですが、あ~ちゃんに靴ずれがっ!
慣れた靴じゃなくてお揃いで衣装でそろえたみたいで、サイズがちょっとあってなかったんです。
少し一人だけ靴が大きかったみたいで、5ミリ以上は浮いてて、靴ずれができててたまに見えるんです。
ううっいたいたしいよっ!

④のっちパ●チラ疑惑。
衣装をよく見てくださるとわかると思うんですが、のっちさんってショーパンがふわっとしたものでキュロットみたいな感じだったんですよ。
で、もちろんあ~かしはスカートですがインナーが短めのショーパンで、安心な中身なのです。
(見るなよというつっこみは受けません!(笑))
でものっち短さは短いのに、ややフレアなショーパンだから・・・・・
下から見ている我々としては実は視覚的には一番やばいことになっている!!!!
もちろんインナーを履いてるかもですが・・・・ただ視覚的には本当に大変なことになってました!
だって中たまに見えるもん!!!!!
という変態目線な話。

⑤とはいえゆかちゃんの変態丈は殺傷能力高め
意外性と言う意味でのっちのパ●ちら疑惑にドキドキしてましたが、ゆかちゃんは相変わらずの殺傷能力でした。
変態丈って言うほど短くなかったいんしょうなんだけど、チラリズムにどきどき・・・。
ヒールでカツカツ歩くとちょっと女王様みたいですっ!
えっと念のため言っておきますがこのブログは女が書いてます(笑)

⑥やっぱり芸能人って違う。
あ~ちゃんの多量汗の話なのですが、フェキで一回撮り終わった後滝汗です。
首にタオル巻いたり盛り上がったねーみたいな軽いMCをしつつ。汗をみんな拭いてます。
で、あ~ちゃん。
顔には汗かかないんだ!!!!!
芸能人って意識で化粧崩れがどうにかできるものなの????

⑦BCGなのっち
私は見なかったのですが、のっちの注射跡が見えて、
「BCGの跡だ!のっちも普通の人なんだなぁー」
というある種の共通点みたいなものを感じて感動したそうです。

⑧髪つやハンパない
全員少しJPNのころより切ったかなーと思いました。
あ~ちゃんJPNのとき巻き巻きで結構傷んでたし、ちょっと安心。
とにかくかしゆかさまのツヤは相変わらずで、崩れないように前髪とか固めてあるはずだろうにとにかくツヤがハンパなく。キューティクル妖怪は健在。
何がどうしたらそうなるのか?!やっぱ生肉なの?!上質なたんぱく質がいいの?!

⑨ネイル
ネイルは衣装のダイヤみたいなバーミリオン的なオレンジ。
3人とも同じ色で特にアートやストーン等はついてないです。
ただ結構なさそうな色だたなと。
終わったあと一緒にいたファンの方同士で「とりあえずあの色のネイル買おうと思った」と話し合いました。
ネタバレができない分何か共通点を勝手に作りたかったんですよ。


・・・・とはたしてこれを待って楽しみにしている人がいるのか否かという感じですが、まだまだ続きます。
今回は距離と3人を見た感想でした。

2012.09.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | fakeitができるまで。

«  | ホーム |  »

プロフィール

しらゆ

Author:しらゆ
PTAに入りたくてネットを始めたperfumeファン。

夜中に歌とダンス練習する不審者。
カラオケでも周囲がひくくらいに歌い踊りしかも煽ります(笑)
ディスコ!は言わせて当然!
一緒に行く友人は上下上上はできなければならない(笑)

暇なときに読んでくださいね。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。